賃貸管理の流れ

10

新しく手に入れた賃貸物件の管理を長崎材木店に注文するときには次のような流れで進められていきます。
まず、電話やメール、ウェブフォームなどを介して問い合わせを行って相談の日時を決定します。賃貸管理の事例の紹介を受けて、信頼できる業者かどうかを判断できる機会になるでしょう。この際に近隣の賃貸物件で行われている管理の費用についての相場や賃貸物件の家賃相場などの情報を提供してもらい、契約によってどの程度の費用がかかるのかや収益性がどの程度になるかを見積もってもらうことができます。事例に基づいて長崎材木店によって行われる賃貸管理の内容や条件についても説明をしてくれるため、この時点で納得して住宅の管理を依頼できるかどうかを決断することができるでしょう。

長崎材木店に賃貸管理を依頼したいという結論に達したら、次に行うのが管理委託契約の締結です。相談の上で決めた管理内容や条件、各部屋の賃貸価格などに基づいて作成された契約書にサインすることになります。内容を確認して相談した内容と相違ないかを確認した上で契約を締結するようにしましょう。契約が締結されたら、その中で定められている日から管理業務が開始されます。
初めに行われるのが入居者の募集であり、店頭営業による募集だけでなく、インターネットのポータルサイトへの掲載や住宅情報誌への掲載、新聞などの折込チラシの作成と配布などを通して広く宣伝広告が行われます。この費用については管理費に含まれているので別途に請求されることはありません。入居者をできるだけ多く募ることができるように可能な限りの手段を用いて宣伝が行われます。

長崎材木店の営業活動によって入居希望者が現れた場合には入居までの手続きを代行してもらうことができます。物件の内覧をして確認してもらったり、重要事項説明を行ってもらったりした上で契約書が作成されるというのが基本的な流れです。入居者審査についても業務の一つとして含まれているので十分な支払い能力がある入居希望者かどうかも判断してもらえるでしょう。そして、賃貸契約書にサインをすると物件を貸すことができます。

敷金や礼金などの受領と鍵などの引渡しを定められた期日に行いますが、その際にも借主と直接やり取りを行う必要はありません。長崎材木店が間に立ってやり取りを行ってくれるため、入居日になると鍵などの引渡しが行われ、契約にかかわる費用を指定した方法で払ってもらうことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする