社長の考えを知ろう

8

住宅を建てる際には工務店選びが最も重要であるとよく言われます。その理由は技術や施主の意見を上手に取り入れてくれる実現力も有りますが、最も大きなポイントはその工務店の社長の考えを知るところにあります。住宅に置ける細かい配慮やその設計思想には社長の考えが反映されている物だからです。
一般的に注文住宅を建てる場合には施主は様々な希望を工務店に投げかけるものです。間取りや趣味のための部屋の構造、及び自分の拘りなど希望を上げればきりがないものです。しかし、施主自身が建築の知識を持っている場合を除けば、多くの場合にはその希望の中には物理的に実現不可能であったり、家全体のまとまりを考慮したときに不釣り合いな物になってしまうことが少なくありません。その為、施主の希望を聞きながら工務店は技術的な観点から実現可能かどうか、若しくは家全体のまとまりや周辺環境とのバランスを考え、その中で施主の希望を最大限に生かして纏める事になります。

しかし、工務店の中には技術面を重視する会社もあれば快適性を重視する会社もあります。そのため、同じ希望を出しても工務店によりその実現できる範囲が大きく異なってきてしまうのです。その為、工務店の社長の考え方を知り、その考え方に共感できる工務店を選ぶことがより自分の希望にそった家を建築できる事に繋がります。
長崎材木店では木の家に大きなこだわりを持っています。木の家しか実現できない暮らしを重視し、その暮らしを通して人生を楽しむことを重視する家づくりにこだわりを持っている会社です。同時に木の家でしか味わえないさまざまな暮らしの方法を提案することで、その暮らしを豊かなものにして欲しいという思いも込められています。

この社長の考え方は長崎材木店が行っているさまざまな施策にも現れています。海辺のモデルハウスを使ったカフェで住宅の庭での休日の楽しみを体感したり、家の中の空間を利用したおしゃれなガレージや、音楽やオーディオなど趣味を楽しむ空間の作り方を提案するといった取り組みをモデルハウスで行っています。その中で木の家のメリットを最大限に生かした過ごし方を提案しています。
さらに、長崎材木店では社会貢献活動にも積極的に参加するほか、家を中心としたさまざまな活動を主催しています。これらの活動を通して人と人とコミュニケーションの重要性や木に囲まれて生活する喜びを提案しています。その提案活動を通して得たものを家造りに応用してさらに快適で住みやすい家を造ることを大きな目的としている会社です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする