長崎材木店の会社の様子

7

長崎材木店は、福岡県にある創業から100年以上も続く長い歴史をもつ会社です。材木店という会社名になっていますが、それは創業時が材木店として出発したということであって、現在は注文住宅会社として営業しています。創業時の材木店の名前をそのまま使っているところにこ、木に対する並々ならぬこだわりを感じますが、実際に長崎材木店は鉄筋コンクリート造りの家が全盛の現代にあって、木造住宅の販売を主力としています。木の家で素敵なライフスタイルを実現するということが長崎材木店の基本コンセプトになっており、そのための取り組みも様々行われています。例えば、同社では福岡アウトドアクラブという団体を運営していて、福岡県の宗像市を中心に人と人とが外遊びを通じて自然と触れ合い、自然から学ぶというようなユニークな取り組みを行っています。川でカヌー体験をしたり、屋外で自炊したりと楽しい経験ができるクラブです。また同社ではログハウス事業も行っていますが、濃厚な木の香りがする素敵なログハウスのモデルハウスは必見です。モデルハウスのあるスペースは、緑豊かな癒しの空間になっているので、見学に行くだけでも癒されること間違いなしです。

さらに、同社ではスロースタイル事業も行っていて、そこでは例えば薪ストーブの常設展示場を作って、多くの人に薪ストーブの良さをアピールしています。実際にここで薪ストーブの様子を見学し、その良さに感動し導入に至ったという実績も多数あります。薪ストーブを使うことで、薪を割る楽しさを味わうことができますし、なんといっても石油ファンヒーターよりも優しい暖かさが薪ストーブにはあり、それが多くの人の心をとらえているわけです。住宅においては庭の作り方も重要な要素になりますが、同社ではグリーン&ガーデン事業も行っていて、素敵なガーデンを実現させるためのお手伝いも行っています。ショップでは観葉植物やガーデンニング雑貨、鉢植えなど様々なアイテムがあり、見ているだけでも楽しめます。長崎材木店の偉いところは、注文住宅事業というものを、単に家をつくって売ればいいだけだと考えていないところです。住宅会社は地域の環境や景観にも責任を持っているのだという信念を有しており、美しい家を作って地域の美しい景観をともに作っていこうという発想で家づくりに携わっているのです。そういう意識で経営してますから、長崎材木店の家は美しく遊び心も満載で、人を引き付ける魅力にあふれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする