長崎材木店を調べてみた

1

ひとつ屋根の下で家族が暮らすこと、たくさんの人が訪れて多くの物語がその空間に生まれます。住宅というのは雨風をしのげて生活ができればそれで良いというわけではありません。人生の大半を過ごすであろう大切な空間でありますし、たとえ同じ注文の住宅であったとしても、ひとつとして同じものはない味が、そこに暮らす人々によって紡ぎ出されていきます。その中で当然守られなければならない要素というのも存在します。それが安心や安全であり、また住宅が持つ家のあたたかみであったりもします。福岡で注文住宅を請け負っている長崎材木店を調べたところ、そんな暮らしに欠かせない細かな点を大切にしていく会社であることが分かりました。

長崎材木店は「木の家」に重きをおいたウッドヴィレッジの注文住宅会社です。木にこだわるのは住む人がいつまでも自然体でいられるようにとのコンセプトと、願いからです。家は暮らす人々の疲れやストレスを癒す場所でもあります。忙しい日々に追われる人たちが心を休める場所であり、家族と力を合わせて苦難やトラブルを乗り越えるための空間でもあります。心が落ち着く要素を重要視したとき、木に勝るものはありませんでした。また長崎材木店は住居の中だけでなく外観の環境への配慮も欠かしません。住まいはその地の環境によっても、暮らす人々に大きな変化や影響を及ぼします。無機質なコンクリートの建物ばかりが立ち並んでいく環境は、人間の心も冷たい壁のように塞ぎ込ませてしまいます。自然の街並みに馴染むようで、同時にオリジナリティと独創性に溢れた住居を提供します。自然に負荷をかけずに暮らしを提供できることが長崎材木店のコンセプトです。

木を使った家といっても、昔ながらの古びた家では決してありません。長崎材木店は住居の居心地の良さをデザイン力にあると定義しています。家は基本的に長く住むことが前提になっています。デザインを疎かにしてしまうと時間に比例して、家そのものが劣化していきます。しかし、本当に素晴らしい家というのは時間とともに空間に深みが増していき、いつでも最高の居住環境でありつづけることが大切です。自然豊かな地に足を踏み入れた時、そこがどんなに歴史のある森でも、人が古臭さを感じることはありません。木が持つ力は、そのように時間に負けない不可逆的な力を持っています。いつでも強くて、優しくて、美しく、そして温かい家であることを目標としている、大変こだわりの深い会社です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする